あなたは自信を持って性病じゃないと言い切れますか?

意図的な性病感染は慰謝料の対象になる

自身が性病になっていることをわかりながら相手に対して病気をうつす行為は慰謝料の対象となるどころか犯罪行為になる可能性があります。
そのため、自覚症状がある時にはすぐに病院に行って治療を始めなくてはいけません。

基本的に、性病というのは性行為によって相手に対して移すことになる病気であるため、性病を発症させている人はそのウイルスを保持していることを意味します。
ウイルスを保持している人は誰であっても相手に対して病気を移す可能性があるのですが、基本的に性病の感染に関しては自覚症状がなく相手に対して移してしまうケースも珍しくありません。
ただし、症状が一度発症すると男女ともに自覚症状が出てしまうのでその後に性行為をすることは良くありません。
実際に、このような場合に性行為をして相手に対して移してしまった場合には過去の例を見ても治療費を含めた慰謝料を請求することが出来たケースが何件もあります。

慰謝料というのは、肉体的な損傷を相手に対して付けられた時に請求するものではなく、あくまでも精神的な苦痛があった時に請求するものです。
ですから、性行為があった時に性病を移された時には精神的な苦痛があったものとして相手に対して慰謝料を請求することが出来ます。
精神的な苦痛が存在するかどうかに関しては個人差によって大きく異なります。
もちろん、慰謝料の相場というのは現実的には存在しますが、性病を移されたことによって本人が苦痛に感じることがあるのならばそれに関して慰謝料を請求することはそれほど難しいことではないということを知っておきましょう。

病気を移すということは肉体的な損傷と共に精神的な損傷を生み出すものなので知っておく必要があります。