あなたは自信を持って性病じゃないと言い切れますか?

性病チェッカーの特徴と患部の分泌液の重要性

性感染症はその名の通り主にパートナーとの性行為が原因で発症してしまう病気のことを言います。
病気の種類によっては自覚症状を感じにくいこともあるので、全く気付かないまま知らない間に病状が進行していることも少なくないと言います。
性病には様々な種類がありますが一般的に知名度が高いのが、クラミジアやカンジダ・膣トリコモナスやHIV感染症などがあります。
この他にも淋菌感染症や性器ヘルペス・梅毒やケジラミ症などもあります。
これらの性病は既に感染をしているパートナーと性行為をすることで、性器や口の粘膜などを介して感染が広がります。

病原体を含む精液や膣分泌液・血液などが、口や性器の粘膜や皮膚などの触れることで感染します。
性病に感染する人の年齢は多岐にわたり若年層では10代から中年層では40代以上の方でも、性行為をする機会がある方は誰でも感染の可能性があります。
性病に感染してしまうと患部の痛みや痒み・発熱やリンパの腫れなど様々な身体的症状を発症することも多々あります。
一方で全く自覚症状のないまま何年も過ごしてしまう方も少なくないと言います。
とはいえ自然治癒するわけではないので、病状は日々進行していくのが恐ろしい点でもあります。

また性病に感染していると不妊症の可能性が高まったり、将来的にエイズに感染する可能性も高くなるという説もあります。
もしかして性病かもしれないと思ったら、まずはネットで郵送の検査が可能な性病チェッカーが非常に便利です。
性病チェッカーとは尿や膣分泌液・血液などを自分で採取して、専門のキットで郵送するだけで性感染症のチェックが出来るという画期的な検査システムです。
性感染症は出来るだけ人に知られたくないのが本音ですが、郵送ならば匿名での検査が可能なのでプライバシーも完全に守られている点も安心です。